第18回ワークショップのお知らせ

 

第18回のワークショップは「第6回国際科学映像祭キックオフイベント」の一部として開催されることとなりました。
現在のところ下記内容の予定です。

 

 日 時 :2015年8月3日(月)13時~17時(受付12時30分〜50分)

 場 所 :なかのZEROプラネタリウム JR総武線・中央線、地下鉄東西線中野駅から徒歩7-8分

 対 象 :Immersive Mediaに興味を持つ人全て

 参加費 :100円または無料

 テーマ :「Immersive Mediaの将来展望2015」

 内 容 :(今回は、特に映像機材を持ち込まず、パワポのみでの発表とします。)

第1部 映像祭オープニングセレモニー(13:00-13:30)

第2部 ハーフデイワークショップ(第18回DPWS)(13:30-17:00) 

・1 趣旨説明(田部一志)(13:30-13:45)

概 要
科学を可視化することによって「より分かり易く」「より親しみやすく」する試みは古くから行われてきました。
ところが最近のシミュレーション技術、コンピュータ、映像装置の飛躍的な進歩によって、可視化して見せることによる普及効果は著しい発展を遂げています。それによってもたらされた「Immersive Media」の発展はまさに現在も進行しています。そして科学の領域に留まらずさまざまな分野での応用も行われています。
このワークショップでは、現時点での社会状況(放送やテレビ)、技術革新(ハード、ソフト)、それらに基いたさまざまな試みと応用の各方面から、ImmersiveMediaの現在を把握し将来への展望を探ります。
さらに、ここで得られた理解や知見が、Doem Festaでの作品の鑑賞や評価、さらには新たな映像制作や芸術の発展に繋がる事が期待されます。

・2 セッション1(13:45-15:15)

a ハードウエア 4kTVとの関連(NHKエンジニアリングシステム:金澤勝)(15分)(13:45-14:00)

b ソフトウエア(高幣俊之)(15分)(14:00-14:15)

c コンテンツ(広橋勝)(15分)(14:15-14:30)(交渉中)

e シミュレーション・可視化(加藤恒彦)(30分)(14:30-15:00)

d オーロラの実写 (科学技術館:糸屋覚)(15分)(15:00-15:15)

(休憩 15分)(15:15-15:30)

・3 セッション2 関連応用分野(15:30-16:45)

f 芸術も注目するImmersive Media(交渉中)(15:30-15:45)

g アーカイブ(交渉中)(15:45-16:00)

h サブカル(三上真世)(16:00-16:15)

i フュージョンへの応用(大平技研:石井智晃)(16:15-16:30)

j プラネタリウムは昔からツールとしてイマーシブメディアを使い続けてきた(平塚市博物館:鳫宏道)(16:30-16:45)

・4 セッション3 議論とまとめ(田部)(16:45-17:00)

●場所を移動しての懇親会(18:00-20:30)(参加費4500円/人 を予定)

*この会への参加・出席はJPA会員である必要はありません。

お申し込みは専用フォームをご利用ください。

*申込時、内容のメモをお控えください。(特に懇親会の参加・不参加について)

*フォーム送信後7日以内に確認メールが届かない場合は迷惑メール扱いになっていないかご確認の上、
お問い合わせください。→世話人代表 

*キャンセルの場合はお早めにご一報ください。ワークショップそのものについても事前にお知らせいただきたいのですが、 懇親会の方はキャンセルされますと大きな赤字につながます。ご協力をお願いいたします。

*当日は名札ケースをお渡ししますので、「名刺」または「名刺大の名札」があると便利です。

 


inserted by FC2 system